福キタルのブログ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 歳神様の話し

<<   作成日時 : 2018/01/03 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【正式名は歳徳神(としとくじん)】
 早いものでお正月も3日目。こちらの地方は連日の晴天が続く。今年もとうとう2日間12時間にわたり「箱根駅伝」を見続けてしまった。

 さて、大晦日になぜか「歳神様(年神様)って何?」が気になって辞書を引いた。神様を信じない不遜な私なので、神道について実は何も知らない。日本は八百万の神で、様々な場所に神が宿ると信じてきたことは知っている。 

 歳神様は、新年になると、家々に幸せをもたらすため高い山から降りてくる、お正月にやってくる神様なのだとか。

 正月の様々な行事・風習は、「今年も豊作でありますように」「新しい年も、一家そろって幸せに暮らせますように」との願いが形になってできたもの。

 「初日の出」は歳神様の降臨を意味する。「門松」は、歳神様が降りてくる際の目印。「ここが我が家の入り口ですよ」。

 しめ飾りも同じで清められた場所。正月の間、家の中にとどまってくれるように、神棚・床の間・台所などにお正月飾りを施す。

 歳神様のご神体は鏡餅。「おせち料理」は、食べ物をもたらしてくれる神様に「お正月の三が日位はゆっくり休んでいただきたい」という気持ちで、大晦日に作った料理をお正月の間食べる習慣が生まれたとか。

 昆布巻きは、養老昆布と書いてよろこぶで不老長寿。数の子は子沢山・子孫繁栄。祝海老は、腰が曲がるまで長生きできるよう長寿の願い。

 田作りは、小さくても尾頭付きで縁起がよい料理。栗きんとんは金貨の色で財産が貯まるように。祝い箸の両端が細くなっているのは、一方を自分が使い、他方を神様が宿るという意味から。etc

 どこの家にも門松など立派なお正月飾りがしてあったら、お正月の間歳神様は体がいくつあっても足りないことにならないのかな、高価な飾りの家が優先するのだろうか、と心配するのはそもそも不遜なのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歳神様の話し 福キタルのブログ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる