アクセスカウンタ

<<  2017年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


交通事故死が戦後最少に!

2017/12/29 17:54
【69年振り更新、戦後最少3670人台に】
 今朝の新聞で、久しぶりに明るいニュースが流れた。昨年の交通事故死者は3904人で、戦後3番目の低さだったが、今年はさらに低くて3670人台で、戦後最少になりそうだとか。

 戦後最少だった1949年が3790人。これをもとうとう下回りそうだという。当時と今とでは車の保有台数は圧倒的に違うので、これはすごい。

 1949年の車の保有台数は31万台、事故死ピークの1970年で1652万台、そして2015年では8067万台にも上るからだ。
画像

 過去最悪だったのは1970年の16765人。今年はそれの21.8%、1/4以下でしかない。1万人を超えた1960年以降「交通戦争」といわれ年間1万人を超えるのは当たり前だったが、1996年に1万人を下回ってからは年々加速度的に低減していった。

 やはり、信号機や道路の改良などが大きな役割を占めていると思われる。エアバック・自動停止装置他日進月歩の車の性能向上も大きい。

 警察による飲酒運転他の取り締まり強化、ドライバーの安全運転意識の飛躍的向上も大きな要因だろう。

【死者数第一位は愛知県】
 昨年の統計によると、交通事故死者数の多い順は次の通り。
@愛知県 212人 A千葉県 185人 B大阪府 161人 C東京都 159人 D北海道 158人

 人口10万人あたりの死者数を見ると
@福井県・徳島県 6.48人 B香川県 6.25人 C長野県・高知県 5.77人

【世界では少ない順で第10位】
 世界を見てみると(2014年)、国際道路交通事故データベースがデータを有する30か国について、人口10万人あたりの死者数では、少ない順に
@アイスランド 1.2人 Aスウェーデン・オランダ 2.8人 Cイギリス・ノルウェー 2.9人・・・・I日本 3.8人

 韓国はブービーで10.1人、アメリカは最下位で10.2人だそうだ。昨年では日本の順位はさらに上がっているに違いない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


足利フラワーパークの見事なイルミネーション

2017/12/27 17:37
【400万球の美しい世界】
 毎年末、1度はどこかのイルミネーションを鑑賞しに出かけことにしているが、今年は「足利フラワーパーク」を昨夕訪れた。

 全国4800名の夜景観賞士が選んだ「第4回イルミネーションアワード」2016年イルミネーション部門で全国第一位に選ばれたそうだ。
画像

 さらに日本夜景遺産「関東三大イルミネーション」に認定されているというので、少々遠出になるが、今年はここに出かけることにした。
画像

 東京から東北自動車道を飛ばして、ETCなら佐野SAのスマートICで下りると、全部で2時間もあればパークの玄関前に到着する。午後4時到着。

 夜間の部は午後3時30分から入場ができ、午後4時30分から点灯が開始する。入場料は大人900円、子ども500円。駐車場は無料。
画像

 パークは東京ドーム2個分ほどの広さか。観光バスが何台もきていたので、午後4時頃に入場して、混雑する午後7時頃には退場するのがおすすめ。

 パークを代表する光は、上の最初の写真の「奇跡の大藤」。目を見張る藤の花のイルミネーションで、本物以上。これだけを見て帰っても満足できる。

 「きばな藤のトンネル」と「白藤のトンネル」も幻想的。何度もトンネルをくぐってみる。
画像
画像

 下は「フラワーキャッスル」。光と花に彩られたお城。光のバラ園もかわいい。
画像
画像

 青に輝く木々も美しかった。あの「青の洞窟」が思い出された。
画像

 イルミネーション開催は10月21日から来年2月4日まで。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


見事なラストラン キタサンブラック

2017/12/25 17:38
【完璧な逃げ足 有馬記念】
 今日はクリスマス。キリストが何月何日に生まれたのかは、聖書他文献上で全く不明なのに、なぜか「キリストの誕生日」とされている。

 その前日のクリスマス・イブに、競馬の祭典有馬記念でキタサンブラックの「神業の走り」に度肝を抜かれた。

 絶好のスタートを切ると、2500メートルを淡々と逃げて、1馬身1/2差で見事逃げ切って見せた。上がり3ハロン35.2秒。
画像

 優勝タイムは2分33秒6。2着だった昨年の2分32秒6、3着だった一昨年の2分33秒1よりずっと遅い。

【2年連続年度代表馬確実】
 昨日の1着賞金3億円を加え、総獲得賞金は18億7684万3000円となり、史上1位となった。

 20戦12勝、2着2回、3着4回。着外は2回で、馬券に絡まなかったのはダービーの14着と今春宝塚記念の9着のみ。G1は7勝で史上タイと素晴らしい成績で引退した。

 今年になりG14勝。まだ5歳で20戦と少なく、これからまだまだ強くなり、6歳7歳も期待できると思えるが、残念な引退である。

【血統の不思議】 
 父は、ディープインパクトの全兄ブラックタイドで、重賞勝ちはG2のスプリングステークスのみ。落札価格は9700万円でディープインパクトの7000万円より高かった。父の父はサンデーサイレンス。

 母の父はサクラバクシンオー。1200メートルのスプリンターズステークスを連破するなど短距離1200メートルの専用馬。

 購買価格も数百万円だったそうで、日本を代表する名馬になるとは最初誰も思っていなかった。

 距離も、ダービーに敗れ、長い距離はとても無理と思われていたが、3000メートルの菊花賞を勝ち、3200メートルの天皇賞を連破し、2400メートルのジャパンカップも勝ち、12の勝利の平均距離は約2400メートルと実は立派なステイヤーだった。

【ラスト・ラン有馬記念】
 コーナーを6回まわる有馬記念は逃げ馬に有利で、本来キタサンブラックのためのレースに思えるが、3回目でやっと優勝できた。

 どうしても勝ちたかった武騎手は、昨日は有馬記念に集中するため、出場レースは有馬記念の1レースのみ。こんな武騎手を私は見たことがない。

 武騎手は有馬記念をこれで3勝したが、オグリキャップ、ディープインパクト、キタサンブラックとすべてラスト・ランだった。

 今年を代表する漢字は「北」。それでキタサンブラックではできすぎ。シャンシャンも生まれ、色はパンダの白と黒で1枠・2枠ではといわれていたが、まさかそんなに簡単ではない・・・・と思っていたら、全くその通りで、3番人気のシュヴァルグランが3着で、3連単では250倍。100円が2万5千円になった。 

 私の馬券は土日で20連敗に終わり、サンタクロースは我が家には全く立ち寄らなかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


横綱の減給懲戒処分

2017/12/22 16:10
【白鵬403万円と鶴竜282万円の懲戒処分】
 混迷の大相撲暴行問題について、20日の臨時理事会で各種処分が発表された。

 報道によると、懲戒処分の減給として、横綱白鵬には1月分の給与全額と2月分の半額、横綱鶴竜には1月分の給与が支給しないことにしたという。

 その金額は、白鵬で423万円、鶴竜で282万円にあたるとか。

【労働基準法では】
 労働基準法91条では、「就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない」とされている。

 この規定に違反すると、同法第120条で、30万円以下の罰金に処する、と規定されている。

 総額でも10%以内、とされていて、これを超えると罰金の刑事事件に処せられる。ちなみに国家公務員は、20%まで減給は可能。今回の1.5ケ月間、1ケ月間給与なし、には少々驚いた。

 今回危機管理委員会には法曹も加わっているが、法的問題はクリアできているのだろうか。

 力士の場合、毎月給与の他に、賞与、報奨金、出張手当や日当、場所手当、懸賞金など分厚い各種手当が支給され、横綱では年収5000万円を超えるといわれるので、すべてをひっくるめて考えているとでもいうのだろうか。 

 事件への関与度の評価について、白鵬については人により意見がが分かれるだろうが、同席していただけで「止めなかった」鶴竜の「不作為行為」について給与1月分全額減給の懲戒処分には少々驚いた。 

【力士の給与】
 力士には十両以上から月例給与が支払われていて、横綱282万円、大関234万円、三役170万円、平幕130万円、十両100万円となっているそうだ。

 「力士養成員」といわれる幕下以下三段目、序二段、序の口は無給。場所ごとに年6回わずかな場所手当が支給されるのみと聞く。

 同じ協会員でありながら、基本的に月例賃金無給とは今でいう「ブラック企業」そのものにも思える。

 いくら衣食住がかからないといっても、24時間事実上拘束され、炊事、関取の世話、稽古など働きづくめの重労働。あまりにも上に厚くなりすぎた賃金体系に思える。

 プロ野球にも労働組合が存在する時代、力士の労働組合ができても不思議でない。古い徒弟制度から脱皮して近代的組織に早急に生まれ変わらないと、何度も同じような事件が再発するだろう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


米国製軍備用品の大量購入

2017/12/20 17:17
【「米国経済や雇用に貢献」と】
 トランプ大統領の先月の訪日。「バイ・アメリカン」をスローガンに、いやはや米国製の防衛装備品の売り込みはすごいものだった。

 「非常に重要なのは、日本の首相が膨大な量の装備品を買うこと、そうするべきだ」と大統領。首相も、「米国の経済や雇用にも貢献するものと考えている」と極めて前向きに取り組んだ。「米国製品の購入は、もはや政治案件だ」と政府関係者の言。

 今朝の新聞でも、「陸上イージス・アショア2基の導入を閣議決定した」と報じられている。2基で2千億円の支出となる。本当に飛んでくるミサイルに果たして的中するのか、眉唾ものなのに。

 ステルス戦闘機F35A、無人偵察機グローバルホーク、新型輸送機オスプレイ・・・。

 敵国のレーダーをかい潜り、忍び寄る戦闘機、ステルスF35A。1基107億円で42機の購入が決定していると聞く。専守防衛の日本になぜ必要なのか理解に苦しむ。

 無人偵察機グローバルホークは1機189億円にもなるとか。オスプレイは世界中のあちこちで墜落している。

【増税決定で2800億円】
 先日決定された与党税制改正大綱では、所得増税やたばこ増税、国際観光旅客税、森林環境税などで、年2800億円程度の増収となる見込みなのだとか。

 高額所得者の累進課税の引き上げに切り込まず、生活保護費の切り下げには踏み込む。

 一方先週14日、都内で開かれた「UHCフォーラム2017」国際会議で、医療費負担で貧困に陥る人などのために、政府として約29億ドル(3300億円)規模の支援を行うと首相が明言した。

 支持率が落ち込み外交で目立ちたいのだろうが、偶然にも増税分と重なってしまう。

【子どもの貧困】
 先週訪日したユニセフのレーク事務局長がNHKの取材に、「日本のおよそ16%の子どもが深刻な貧困状態にある。豊かな社会において、子どもが飢えや格差に苦しむことがあってはならない」と懸念を表明した。

 最近、日本の子どもの相対的貧困が心配されてる。子どもの貧困率は先進36ケ国で24位で、格差が広がっていると言われる。

 大量・多額の米国製装備品購入が毎日伝えられるが、国内での矛盾の深化とのあまりにもアンバランス。

 来年度も防衛予算は5兆円を大きく超えるそうだ。国の税収が59兆円しかないのにその1割にも。いよいよ憲法9条を変えてどこに向かおうとしているのか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


千葉県選抜チームの壮行試合を観戦

2017/12/18 17:14
【「全部勝つつもり」と田宮主将】
 昨日の日曜日、快晴の千葉県野球場で、5年振りの千葉県選抜チームが今回台湾に海外遠征するにあたり、成田高校と壮行試合が行われたので、これを観戦した。

 スタンドも結構な数が埋まり、数チームのユニフォーム姿の野球部員も観戦していた。

 今年で3回目の日本からの台湾遠征は、選手権100回大会記念事業として、12月23日から30日まで「日台国際親善野球大会」として開催され、日本からは千葉県の他大阪府・岐阜県・和歌山県が参加。台湾の全国大会上位4チームが参加し、各国の上位2チームが29日に対戦するという。

 昨日は、選抜チームは国際ルールにのっとり木のバットを使用、10回まで行った。選抜チームは、18人のうち7人も投手を入れていて、昨日は全部の投手が登板した。与四死球が11と多く被安打4で4失点は今一歩の出来だった。

【壮行試合結果】
成田 000 000 012 1=4
選抜 000 020 300 0=5
成)4安打、11四死球、0失策  選)8安打、6四死球、2失策
成)仲澤・杉田・荒張ー稲垣・十津川  選)渡部(千葉黎明)・箱山(日体柏)・清宮(八千代松陰)・瀧田(千葉学芸)・國藤(茂原樟陽)・菅澤(昭和学院)・伊藤(若松)−田宮(成田)・笹川(千葉敬愛)

 千葉選抜のスタメンは、4佐野(幕張総合)、8水島(拓大紅陵)、3今里(専大松戸)、5野尻(木更津総合)、7鈴木(拓大紅陵)、DH吉沢(望洋)、2田宮(成田)、9笹川(千葉敬愛)、6宮内(銚子商)で、先発は渡部投手(千葉黎明)。主将は成田の田宮君。

 チームを結成して初めての試合だったためか、投手の他、野手の守備も打撃も今一歩だった。
画像

 選抜メンバーを見ると、神宮大会を優勝した中央学院をはじめ、習志野高校他有力校からは選抜されておらず、木更津総合や専大松戸・東海大市原望洋からは1名のみ。

 「県内8地区から推薦で選ばれた2年生18人」だが、「現時点での県内ベストメンバー」というには少々違和感を感じた。

 千葉県高野連のホームぺージが長らく「メンテナンス中」になっていて、事前に選抜メンバーが確認できなかったが、「不正アクセスによる改ざんを検知したため、一時的にサイトを閉鎖」しているという。何を改ざんしようとしたのだろう。母校の成績を良く書き換えたかった?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自転車スマホで死亡事故

2017/12/15 16:25
【自転車でスマホとイヤホンと飲み物と】
 とうとう起こるべくして死亡事故が起こってしまった。

 12月7日の午後3時15分頃、神奈川・新百合ヶ丘駅近くでの事故。20歳の女子大学生は、駅から通じる歩行者専用道路を自転車を引いて歩いてきて、専用道路が終わる直前で電動アシスト自転車に乗り運転を始めた。

 左耳にはイヤホン、左手にスマホ、右手には飲み物を持ち、正常に運転できる状態ではなかった。スマホのラインを見ていたという。  

 目の前には市道があり、多くの車が通過している。市道を渡ろうとして、左から歩道を歩いてきた77歳の女性と衝突してしまう。市道に倒れた女性は頭蓋骨を骨折し、翌日死亡してしまった。
画像

【気付かなかった】
 運転を始めてからほんの数メートル。女子大生は、「ぶつかるまで気付かなかった」と警察に話しているという。ブレーキを踏んだ跡もないし、そもそもブレーキをかけられる状態にない。

 写真の左手が遊歩道の出口。扇状地のように広がっていて、見通しがとてもよい現場だ。死亡事故が起こるとはにわかに信じがたい。

 電動アシスト自転車は、普通の自転車より1.5倍程度の重量があり、初速も早い。今回のながらスマホ死亡事故。イヤホン・飲み物と重なり、警察は重過失致死罪での書類送検を決めたそうだ。

 事案が重大であり、なぜ女子大生を逮捕・氏名公表としなかったのか、疑問が残る。世間への警鐘になったろうに。

 最近、町中で自転車スマホをよく見かける。イヤホンもよくしていて、後ろからの自動車の気配も警笛も気が付かない。歩行者は避ける。

【道交法での取り締まり強化を】
 警察官は、軽微な交通違反ばかりを取り締まるのではなく、危険な自転車スマホを道路交通法で厳しく取り締まって欲しいものだ。

 普通、自転車には対人対物保険をなかなか掛けないと思われるが、今回の死亡事故の自転車はどうなのだろう。無保険で支払い能力なしでは、亡くなった女性も無念だろう。

 今週12日の午後6時15分頃、神奈川の鶴見川堤防上の遊歩道で、14歳の中学3年の男子生徒が、よそ見をして犬の散歩をしていた79歳の女性と正面衝突してしまい、女性はまもなく死亡してしまった事故が起きた。これは自転車スマホではなかったが、自転車も走る凶器である。

 毎日新聞によると、自転車スマホが車にはねられる事故は多く、2011年〜15年の5年間に800件を超えているそうだ。自動車運転中にスマホ操作している運転手も毎日多数見かける。

 道交法違反で多額の罰金。自転車・自動車でのスマホの違反が多数摘発され、高額罰金になることを、マスコミ・警察もキャンペーンして欲しいものだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高齢者に冷たい?ATM

2017/12/13 16:56
【ATMの振り込み制限】
 昨日の新聞報道によると、りそな銀行は来年1月20日から、70歳以上の顧客を対象にATMでのキャッシュカードを使った振り込みを制限すると発表したそうだ。大手銀行では初となる。

 具体的には、70歳以上で、過去3年間ATMからキャッシュカードで振り込んだことが無い人が対象。一定額以上を振り込もうとすると、ATMでは振り込みできず、窓口に行くよう案内が出る。

 窓口で振り込め詐欺でないと確認できれば制限が解除されるという。

【今日の「声」欄でも】
 北海道在住の72歳になる富樫さんも、今日の朝日新聞「声」の欄で、同趣旨の投書をしていた。

 「ATMよ 年寄に冷たいぞ!」
 香典を立て替えてもらった義弟に、ATMから送金しようとした。やっとのことで入力が終わると、「お取り扱いができません。窓口へどうぞ」と画面に。

 窓口に行くとしばらく待たされ回答が。「還付金詐欺対策として、過去1年以内にキャッシュカードによる振り込みがない70歳以上の人は、ATMでの振り込みができなくなった」。せめて数万円程度に限度額を引き上げてもらえないか、と富樫さん。

【私も昨日ATMで】 
 昨日、取引銀行の1つであるりそな銀行に行き、都合で数件の振り込みを行うため、自分の口座から合計510万円をATMから送金しようとした。

 事前にロビーの係員に確認すると、「ATMから1日あたり送金ができるのは500万円が限度となっています」と言われ、私の担当営業行員を呼ばれてしまった。

 どうやら、私が高齢者だからではない一律の扱いのようだ。冒頭の70歳には遥かに?遠く、1/20も到来していない。

 昨日は、事情を説明すると通帳と身分証明書たる自動車免許証を預けしばらく待ち、この日だけ制限を解除してくれた。

 待つ間ホットコーヒーを御馳走してくれたので、先日エッセイに書いた、「指紋認証を登録しているのに、他人でも銀行カードと暗証番号で預金引き出しできるATMが存在するのはおかしいのではないか」とクレームを伝えた。

 行員は「指紋認証されていても、奥さんが引き下ろすこともあるので」と弁明していたが、指紋認証を登録してこれで安心、指でも切られて持っていかれない限り大丈夫、と思っていた私が愚かだったのか。

 「たまには孫にお小遣いでも送りたい年代」なのに、とは先の富樫さん。ATMよ 年寄に冷たいぞ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トランプのエルサレム首都宣言

2017/12/11 15:06
【安保理決議違反】
  トランプ大統領は6日、エルサレムをイスラエルの「首都」と認定した。約70年のアメリカ政策を大転換したことになる。大統領選で公約としていたこの案件をとうとう実行してしまった。

 イスラエルは、エルサレムを「永遠の首都」と主張するが、国際社会は認めていない。それを今回アメリカがイスラエルの主張を追認することになった。

 イスラエル・アラブ問題の「仲介役」だったアメリカは、パンドラの箱を開けて、世界中に大混乱を巻き起こそうとしている。

 1980年国連は、安保理決議で、「エルサレムの状況を変えるすべての行政的・法的措置は無効」「全ての国連加盟国に対し、エルサレムに大使館等外交使節を設置してはならない」とした。

 明らかな安保理決議違反であり、各国からのアメリカの対応を遺憾とする声明が続く。「支持しない」(独メルケル首相)、「同意できない」(英メイ首相)、「決定は遺憾」(仏マクロン大統領)、中東情勢の状況を複雑化させる」(ロ・プーチン大統領)。

 ローマ法王フランシスコも、「エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地がある随一の街だ。私はこの数日間の状況に強い懸念を持っている。エルサレムの現状を尊重すべきと、あらゆる人達に呼びかけたい」と述べている。

 しかし、日本政府の反応は鈍い。北朝鮮のミサイルで「国連決議完全履行」を強く主張していたのに、この問題では世界に追従せずに沈黙を守る。

【続く空爆】 
 エルサレムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラーム教の共通の聖地であり、エルサレムの地理的・宗教的帰属は簡単には決められない。

 エルサレムをユダヤの首都とする今回の決定は、アラブ・イスラーム諸国にとっては事実上の宣戦布告だろう。

 パレスチナ各地で戦闘が起こっていて、イスラエル軍の空爆も続く。死傷者が連日多数出ていて、今後世界中でのテロも心配される。

 「エルサレムはパレスチナの永遠の首都だ}とするパレスチナ人。6〜8日を「怒りの日」と名付け、抗議行動を続けた。

 今回の決定は、トランプのロシア疑惑から目を逸らさせようとする策動、との厳しい指摘もあるが、アメリカはどこに行こうとしているのか。

 「国際協調主義に基づく積極的平和主義」を掲げる日本政府は、今回は「沈黙は金」を貫くのか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


受信料制度の最高裁合憲判決を見て

2017/12/08 15:42
【そもそもNHKは今でも必要なのか】
 放送法など電波三法が1950年に施行されてまもなく70年が経とうとしている。状況は当時と大きく変わり、放送制度も時代に合わせて大きく変えなければいけない時代を迎えている。

 そんな折、受信料を巡る注目の最高裁初判断が6日下された。放送法の違憲判決が出れば放送制度も大きく変わる、と思っていたが、いかにも教科書的な判決になってしまった。

【最高裁判決】
 「受信料制度は、特定の個人や団体、国家機関の影響がNHKに及ばないよう、放送を受信できる人に公平な負担を求めるものだ」「放送法の規定は、国民の知る権利を守るために契約を強制するもので、憲法に違反しない」と判決文。

 放送法第64条1項では、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と規定する。

 民法では「契約自由の原則」があるが、NHKの放送を見ない人も、受信設備を設置したとたん強制的に契約を結ばなければいけないし財政負担をしなければならないという。この規定を今回合憲と初判断した。

【スクランブル放送】
 受信契約状況は約80%とされ、全国で約1千万件の世帯や事業所が、テレビがありながら受信契約を結んでいないといわれる。

 地デジ化を完了した現在、WOWOWやスカパーのように、スクランブル放送を実施して、NHKを見たくない人には視聴不能として、見たい人だけとNHKが契約することにすれば、国民ほとんどは反対しないだろうし、受信料問題も一気に解決する。

 スクランブル化をできるのにしないNHKの主張は、何度聞いても私には理解ができない。収入が大きく減ることを恐れるからとしか思えない。

【数々の疑問】 
 籾井前NHK会長は、「政府が右というものを左というわけにはいかない」と、政権からの公平性を疑う発言を大胆に行った。そして番組への各種介入もおこなったのではないかと伝えられる。

 最近の加計問題でも、NHKは前川元文科省事務次官の早い段階での長いインタビューを、なぜかお蔵入りさせたと聞く。

 今回の最高裁判決は「受信料制度が、国家機関などから独立した表現の自由を支えている」というが、政権・権力への忖度もあるのではと数々伝えられている。

 テレビ放送が始まった当初とは違い、現在では民間放送も地上波・BS・CSで多数放送され、NHKはその1つでしかなくなっている。

 民間放送でも、当初は広告収入から企業介入が心配されていたのだが、それは稀有になりつつある。

 フランスの公共放送は、総収入の30%を広告収入で賄っていて、イギリスでも17%にあたる。韓国では50%にも及ぶという。日本でも広告収入を検討し、受信料の大幅減額を考える時期にきているのではないか。

 更に、民間放送も多数・充実しており、そろそろNHKもその存在意義は終了したと思われるので、閉局してもいい時期ではないかと思う。番組内容も民間放送と大差がなくなり、特色も年々薄れてきている。

 今日の朝日川柳から。
 「そのうちに見るのも義務にNHK」 (兵庫県 福井七夫さん)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野球の「初球の攻防」−球辞苑から貴重なデータ

2017/12/06 11:48
【初球ストライクが断然!】
 プロ野球もシーズンオフとなり、NHK・BS1の「球辞苑」が再開した。先日放送された「プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち 『初球』」が秀逸だった。

 初球の攻防。「初球さえうまく入れれば、勝負の80%は決まったも同然」「初球の選択は非常に大事。初球でストライクを取れるかどうかで、その後の組み立てが大きく違ってくる」とは里崎智也元捕手の言。

【初球ボールは41%】
 2017年のプロ野球で、初球65,084球の内訳は、@ボール41% A見逃しストライク30% Bファウル11% C空振り・凡打7% だったという。

 「初球にボールが多いのは、ストライクから入って打たれると怒られるから」とは里崎氏。「解説者も、安易にストライクから入ったからと批判する」。

 しかし次の「初球結果別出塁率」のデータは大変興味深い。
 2017年、初球ストライク(見送り・空振り・ファウル)の打者の出塁率は0.265なのに対し、初球ボールの打者出塁率は0.378と1割以上も違う。

 初球ボールでは、打者が出塁率で超一流打者に変身することになる。いかに初球ストライクが大事かが分かる。

【最も初球をストライクゾーンに投げた投手は】
 2017年は、@山中(ヤクルト)66.7% Aマイコラス(読売)64.4% B牧田(西武)60.5%
 過去10年間では、@渡辺俊(ロッテ)57.9% A成瀬(ヤクルト)57.3% 吉見(中日)56.7%  なのだとか。

【初球打率】
 今年初球打率がよかったのは、@丸(広島)0.430 A島内(楽天)0.429 筒香(横浜)0.412 Cバレンティン(ヤクルト)0.411

 そして、積極的に初球を打ちに行った打者「初球スイング率」は、
@倉本(横浜)47.5% Aエルドレッド(広島)43.7% B上林(福岡)41.2% と続く。

【初球本塁打ランキング】 
 2017年は、@ロペス(横浜)・梶谷(横浜)・茂木(楽天)・ゲレーロ(中日)の4人が8本で1位。
 過去10年間では、@中村(西武)49本 A阿部(読売)46本 Bバレンティン(ヤクルト)45本

 私が予想していた以上に、初球ストライクが重要なことを知った。よく初球の緩いど真ん中のストレートを打者が見逃す場面を見るが、その日の投手の一番よい球で初球ストライクを取るのも勝負の大事だと知った。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「電話リレーサービス」を知る

2017/12/04 18:28
【羽田空港に「手話フォン」を設置】
 日本財団が、昨日国際障がい者デーの3日、耳の不自由な人に向けた公衆電話「手話フォン」を羽田空港に設置したことがマスコミ各紙で報じられた。

 公共機関への設置は国内初となる。耳の不自由な人が、このボックスに入り、テレビ電話でオペレーターに手話や文字で相手先を伝える。

 オペレーターが相手先に連絡し、同時通訳することにより、手話による会話ができるという仕組みで、誰でも無料で利用でき、8時〜21時まで可能。今後オリンピックに向けて全国の空港等に広げる予定だそうだ。

【聴覚障がい者】
 現在聴覚障がい者手帳の保有者は全国で約36万人で、高齢者を含む難聴者は1千万人以上いるといわれている。

 耳の不自由な人が、例えば病院や美容院の予約をしようとするとき、大きな困難が伴ってしまう。

 家族や知人がそばにいれば迅速に対応できるが、そうでなければ、予約のために病院や美容院に出向くことも多いという。

【電話リレーサービス】 
 今回の「手話フォン」の記事を通じ、日本財団が取り組む「電話リレーサービス」のことを知った。

 耳の不自由な人がスマホ等でテレビ電話を使ったりして手話・文字でオペレーターに連絡すると、相手先に連絡してくれて、相手と連絡が電話で取りあえるシステム。

 世界20ヶ国以上で「電話リレーサービス」が公的サービスとして実施されているが、日本では全く公的に制度化されていない。

 東日本大震災の聴覚障がい者支援の経験から、日本財団が2013年9月から取り組みをはじめ、障がい者手帳保有者の登録制で無料で24時間のサービスを行っているという。

 今年10月時点で5千人が登録していて、1ケ月の利用回数合計は1.3万回、利用時間合計は10万分という。8月から2千人分の追加登録を募集している。

 本来国や電話会社が行うべき事業だが、財団はモデルプロジェクトとして年間事業費として2.5〜3億円使って行っているそうだ。そのうち本年度国から初めて補助金が約1千万円出た。

 今後周知され多くの耳の不自由な人が登録すると、オペレーターの数も大幅に増やす必要もあり、事業費も莫大となる。国で取り組む課題だ。

 「聴覚障害者が電話を使えるようにしたい」「電話の利用は聴覚障害者の社会参加に欠くことができない」「全ての人が平等に使えなければならない電話」と同財団のホームページにある。

 家族や友人に気兼ねなく、健常者のように電話が使える世界。車いす利用者等用の駅エレベーターのように、通信バリアフリーとして耳の不自由な人が社会インフラを更に利用できるように。

 「電話リレーサービスです」と相手にオペレーターが電話すると、社会ではほとんど知られていないため、セールスか不審電話と思われてしまうこともあるとか。

 聴覚障がい者が乗ったボートが転覆した事故で、電話リレーサービスに連絡が入り、海保に取り次ぎ4時間後に全員が救助されたことがあったそうだ。

 日常生活での用事でも、メールだと返事来るまでのタイムラグがあるが、電話なら即時意思疎通が可能。国としての対応が早急に求められている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


千葉県佐倉市で歴史散歩

2017/12/01 17:19
【江戸の町佐倉】
 いよいよ師走。肌寒い一日だったが、今日は歴史の町佐倉旧市街を散策した。

 戦国時代、下総千葉氏が本佐倉城を拠点として勢力を拡大する。千葉氏が小田原攻め後滅亡すると、江戸初期には土井利勝が、そして堀田氏の居城となり、老中首座堀田正亮により11万石の城下町となり繁栄する。
画像

 江戸後期には佐倉藩は蘭学を奨励し、佐倉順天堂を開かせる。湯島の順天堂につながる。

【佐倉順天堂】(千葉県指定史跡)
 街の東端に、小さな佐倉順天堂記念館が立っている。藩主の招きを受けた佐藤泰然が1843年に開いた西洋医学の診療所。のち、医学界をリードする人々を輩出する。
画像

 記念館には、当時の医学書や医療器具などが展示されている。入院設備はなく、手術を受ける者は、近くの宿屋に宿泊する。そこへの往診もある。

 「手術で亡くなっても文句は言わない」という承諾書の原本は生々しい。泰然は、麻酔の安全性に疑問を持ち、あえて無麻酔で手術を行っていたという。「順天」とは、天道に従う、すなわち「自然の理に従う」ということを意味するのだとか。

【武家屋敷】(千葉県指定文化財他)
 敵の侵入を考え、曲がりくねった狭い道を進むと、街の南に佐倉の城下町で「武家屋敷群」がある。
画像

 武家屋敷の大半は藩が所有し、藩士に貸し与える。そのため、藩士の身分の変化などにより転居も多かったそうだ。

【旧堀田邸】(国指定重要文化財)
 旧堀田邸は、最後の佐倉藩主堀田正倫(まさとも)が、明治になり建築した邸宅・庭園。農事試験場を含めると応時は約3万坪の広さがあったという。 
画像

【佐倉高校・長島茂雄展示コーナーへ】
 1792年に藩主が藩士の子弟教育のため設けられた「学問所」にはじまる225年の歴史の佐倉高校を訪れる。記念館(国の登録有形文化財)は、1910年旧藩主から寄贈された建物で、長島茂雄氏もここで学んだとか。
画像

 別な建物の「地域交流施設」には、「鹿山文庫」(千葉県指定有形文化財)の他、長島茂雄氏関係の展示コーナーもあり、土・日のみ観覧できる。
画像

【国立歴史民俗博物館へ】
 最後に「歴博」と呼ばれる「国立歴史民俗博物館」に向かう。佐倉城址公園の一角に立つ国立施設。

 古代から現代まで6室に分かれ沢山の展示があり、1日かけないと、じっくり見て歴史を学ぶことは少々困難が伴うほどのボリュームだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年12月のブログ記事  >> 

トップへ

福キタルのブログ・エッセイ 2017年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる