福キタルのブログ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車スマホで死亡事故

<<   作成日時 : 2017/12/15 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【自転車でスマホとイヤホンと飲み物と】
 とうとう起こるべくして死亡事故が起こってしまった。

 12月7日の午後3時15分頃、神奈川・新百合ヶ丘駅近くでの事故。20歳の女子大学生は、駅から通じる歩行者専用道路を自転車を引いて歩いてきて、専用道路が終わる直前で電動アシスト自転車に乗り運転を始めた。

 左耳にはイヤホン、左手にスマホ、右手には飲み物を持ち、正常に運転できる状態ではなかった。スマホのラインを見ていたという。  

 目の前には市道があり、多くの車が通過している。市道を渡ろうとして、左から歩道を歩いてきた77歳の女性と衝突してしまう。市道に倒れた女性は頭蓋骨を骨折し、翌日死亡してしまった。
画像

【気付かなかった】
 運転を始めてからほんの数メートル。女子大生は、「ぶつかるまで気付かなかった」と警察に話しているという。ブレーキを踏んだ跡もないし、そもそもブレーキをかけられる状態にない。

 写真の左手が遊歩道の出口。扇状地のように広がっていて、見通しがとてもよい現場だ。死亡事故が起こるとはにわかに信じがたい。

 電動アシスト自転車は、普通の自転車より1.5倍程度の重量があり、初速も早い。今回のながらスマホ死亡事故。イヤホン・飲み物と重なり、警察は重過失致死罪での書類送検を決めたそうだ。

 事案が重大であり、なぜ女子大生を逮捕・氏名公表としなかったのか、疑問が残る。世間への警鐘になったろうに。

 最近、町中で自転車スマホをよく見かける。イヤホンもよくしていて、後ろからの自動車の気配も警笛も気が付かない。歩行者は避ける。

【道交法での取り締まり強化を】
 警察官は、軽微な交通違反ばかりを取り締まるのではなく、危険な自転車スマホを道路交通法で厳しく取り締まって欲しいものだ。

 普通、自転車には対人対物保険をなかなか掛けないと思われるが、今回の死亡事故の自転車はどうなのだろう。無保険で支払い能力なしでは、亡くなった女性も無念だろう。

 今週12日の午後6時15分頃、神奈川の鶴見川堤防上の遊歩道で、14歳の中学3年の男子生徒が、よそ見をして犬の散歩をしていた79歳の女性と正面衝突してしまい、女性はまもなく死亡してしまった事故が起きた。これは自転車スマホではなかったが、自転車も走る凶器である。

 毎日新聞によると、自転車スマホが車にはねられる事故は多く、2011年〜15年の5年間に800件を超えているそうだ。自動車運転中にスマホ操作している運転手も毎日多数見かける。

 道交法違反で多額の罰金。自転車・自動車でのスマホの違反が多数摘発され、高額罰金になることを、マスコミ・警察もキャンペーンして欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車スマホで死亡事故 福キタルのブログ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる