福キタルのブログ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国製軍備用品の大量購入

<<   作成日時 : 2017/12/20 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【「米国経済や雇用に貢献」と】
 トランプ大統領の先月の訪日。「バイ・アメリカン」をスローガンに、いやはや米国製の防衛装備品の売り込みはすごいものだった。

 「非常に重要なのは、日本の首相が膨大な量の装備品を買うこと、そうするべきだ」と大統領。首相も、「米国の経済や雇用にも貢献するものと考えている」と極めて前向きに取り組んだ。「米国製品の購入は、もはや政治案件だ」と政府関係者の言。

 今朝の新聞でも、「陸上イージス・アショア2基の導入を閣議決定した」と報じられている。2基で2千億円の支出となる。本当に飛んでくるミサイルに果たして的中するのか、眉唾ものなのに。

 ステルス戦闘機F35A、無人偵察機グローバルホーク、新型輸送機オスプレイ・・・。

 敵国のレーダーをかい潜り、忍び寄る戦闘機、ステルスF35A。1基107億円で42機の購入が決定していると聞く。専守防衛の日本になぜ必要なのか理解に苦しむ。

 無人偵察機グローバルホークは1機189億円にもなるとか。オスプレイは世界中のあちこちで墜落している。

【増税決定で2800億円】
 先日決定された与党税制改正大綱では、所得増税やたばこ増税、国際観光旅客税、森林環境税などで、年2800億円程度の増収となる見込みなのだとか。

 高額所得者の累進課税の引き上げに切り込まず、生活保護費の切り下げには踏み込む。

 一方先週14日、都内で開かれた「UHCフォーラム2017」国際会議で、医療費負担で貧困に陥る人などのために、政府として約29億ドル(3300億円)規模の支援を行うと首相が明言した。

 支持率が落ち込み外交で目立ちたいのだろうが、偶然にも増税分と重なってしまう。

【子どもの貧困】
 先週訪日したユニセフのレーク事務局長がNHKの取材に、「日本のおよそ16%の子どもが深刻な貧困状態にある。豊かな社会において、子どもが飢えや格差に苦しむことがあってはならない」と懸念を表明した。

 最近、日本の子どもの相対的貧困が心配されてる。子どもの貧困率は先進36ケ国で24位で、格差が広がっていると言われる。

 大量・多額の米国製装備品購入が毎日伝えられるが、国内での矛盾の深化とのあまりにもアンバランス。

 来年度も防衛予算は5兆円を大きく超えるそうだ。国の税収が59兆円しかないのにその1割にも。いよいよ憲法9条を変えてどこに向かおうとしているのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国製軍備用品の大量購入 福キタルのブログ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる