福キタルのブログ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 交通事故死が戦後最少に!

<<   作成日時 : 2017/12/29 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【69年振り更新、戦後最少3670人台に】
 今朝の新聞で、久しぶりに明るいニュースが流れた。昨年の交通事故死者は3904人で、戦後3番目の低さだったが、今年はさらに低くて3670人台で、戦後最少になりそうだとか。

 戦後最少だった1949年が3790人。これをもとうとう下回りそうだという。当時と今とでは車の保有台数は圧倒的に違うので、これはすごい。

 1949年の車の保有台数は31万台、事故死ピークの1970年で1652万台、そして2015年では8067万台にも上るからだ。
画像

 過去最悪だったのは1970年の16765人。今年はそれの21.8%、1/4以下でしかない。1万人を超えた1960年以降「交通戦争」といわれ年間1万人を超えるのは当たり前だったが、1996年に1万人を下回ってからは年々加速度的に低減していった。

 やはり、信号機や道路の改良などが大きな役割を占めていると思われる。エアバック・自動停止装置他日進月歩の車の性能向上も大きい。

 警察による飲酒運転他の取り締まり強化、ドライバーの安全運転意識の飛躍的向上も大きな要因だろう。

【死者数第一位は愛知県】
 昨年の統計によると、交通事故死者数の多い順は次の通り。
@愛知県 212人 A千葉県 185人 B大阪府 161人 C東京都 159人 D北海道 158人

 人口10万人あたりの死者数を見ると
@福井県・徳島県 6.48人 B香川県 6.25人 C長野県・高知県 5.77人

【世界では少ない順で第10位】
 世界を見てみると(2014年)、国際道路交通事故データベースがデータを有する30か国について、人口10万人あたりの死者数では、少ない順に
@アイスランド 1.2人 Aスウェーデン・オランダ 2.8人 Cイギリス・ノルウェー 2.9人・・・・I日本 3.8人

 韓国はブービーで10.1人、アメリカは最下位で10.2人だそうだ。昨年では日本の順位はさらに上がっているに違いない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
交通事故死が戦後最少に! 福キタルのブログ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる