福キタルのブログ・エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS ああ勘違い!銀行の生体認証キャッシュカード

<<   作成日時 : 2017/11/10 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【制度開始から早々と作成】
 銀行など金融機関で進む生体認証ICキャッシュカード。「手のひら静脈方式」(三菱東京UFJ等)と「指静脈方式」(みずほ・三井住友・郵貯等)と、銀行によって2方式が存在し、不便ではある。

 それでも、従来の「カード+暗証番号」では、カードが盗まれたり偽造されたりして、かつ暗証番号が推定又は漏れると、他人に大金を引き出されてしまう。

 そのため、私も生体認証キャッシュカードが銀行で始った当初から、主に利用している2つのメガバンクでこのカードを作成して、現在まで無事に利用している。

 手続きは、何度か登録しようとする銀行に出向かなければならず少々面倒くさいのだが、リスク回避はなによりも大事。

 なんといっても、本人がATMの前に行き、登録された手のひらか指をかざして本人が確認されない限り、私の預金からは引き出しできないのだから。

 銀行の対人窓口で引き出そうとしても、銀行印の他、本人の生体認証確認が要求されるので安心だ。 

と、先日まで思っていた。

【本人以外は払い戻しできない?】
 先日、ある取引銀行支店のATMに行き、少額の預金の引き出しを行った。

 他のことを考えながら操作を行っていると、いつもとやり方が違う。ん?いつもの生体認証を求めてこないで、暗証番号を聞いてきた。

 不思議に思いながら操作を続けると、預金が引き出せてしまった。ロビーにいた行員に質問すると答えは簡明だった。「そのATMは生体認証非対応の器械ですから」。

 そう、「生体認証非対応」と張られたATMでは、生体認証も求められず引き出しができてしまうのだ。

 生体認証非対応ATMでは、生体認証が登録されている口座は引き出しできないものと私は思い込んでいたが、事実は違った。

 何のことはない、生体認証付ICキャッシュカードが盗まれるか偽造され、暗証番号が推定できれば、誰でも預金引き出しが可能だということを初めて知る。制度趣旨からはそれはいかがなものか。

 時々生体認証では、「本人と確認できません」と表示され、何度もチャレンジしないといけないこともある。また始まったころは、生体認証対応のATMが数が少なかったりして不便を感じることもあった。

 しかし、安全性のためなら、本人しか引き出しできないのだから、と我慢もしてきた。それはいったい何だったのだろう。不思議な日本の銀行。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああ勘違い!銀行の生体認証キャッシュカード 福キタルのブログ・エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる